コーヒーメーカーの種類

コーヒーメーカーの種類

近年コーヒーは非常に発展しており、様々なコーヒーを提供する喫茶店などの店舗が増えてきています。

また家庭や会社などでもコーヒーを飲む機会は増えてきました。

喫茶店などの店舗でコーヒーを淹れる場合、独自の機械などを使用してコーヒーを淹れますが、家庭や会社などでコーヒーを淹れる場合は手軽に使用することができる、コーヒーメーカーを使用します。

コーヒーメーカーには、ドリップ式、エスプレッソ式、サイフォン式、パーコレーター式があります。
ドリップ式は、濾過しながら抽出する方法です。バスケットに挽いたコーヒー豆を入れ、お湯を滴下し浸透させることで、コーヒーを抽出します。



エスプレッソ式は、コーヒーに圧力をかけながら抽出する方法です。バスケットに挽いたコーヒー豆を入れ、圧力で熱したお湯を浸透させることで、強制的にコーヒーを抽出します。
サイフォン式は、ロートやフィルター、フラスコで構成されたコーヒーサイフォンを利用して抽出する方法です。
ロートに挽いたコーヒー豆をいれ、フレスコで沸騰させたお湯を、コーヒー豆に触れさせることで抽出します。

パーコレーター式は、バスケットに挽いたコーヒー豆を入れ、ポットに入れたお湯を過熱させることで、コーヒーと触れさせ抽出します。



また最近では、コーヒー豆と水を本体にセットしておけば、ボタン一つでカップ一杯分のコーヒーを淹れることができるコーヒーメーカーも発売されています。

従来のものに比べ使いやすく、掃除がしやすいというメリットがあります。



Copyright (C) 2016 コーヒーメーカーの種類 All Rights Reserved.